ワイズジム恵比寿店

腹横筋を鍛えると?

みなさん、こんにちは。
恵比寿のパーソナルジム
ワイズジムの代表、山崎です。

みなさん、腹横筋という筋肉は聞いたことがありますでしょうか?
腹横筋はお腹の深部ある筋肉で、体にとってとても大切な役割がある筋肉です。

腹横筋を鍛えると、どんなメリットがあるのでしょう?

そこで本日は【腹横筋を鍛えるとどうなるか?】について、パーソナルトレーナーの視点で解説していこうと思います。

腹横筋とは?

腹横筋(ふくおうきん)は、腹部に存在する筋肉の一部です。
腹横筋群は、左右に分かれており、腹部を上下に分割するように走っています。

腹横筋は、主に腹部の安定性や姿勢の維持に寄与します。

これらの筋肉は、体幹(トランク)の筋肉として知られ、背骨と骨盤を結びつけ、腹圧の制御や姿勢の調整、体幹の安定性を提供する重要な役割を果たしています。

腹横筋は、腹筋運動やコアトレーニングの際に重要な役割を果たすため、スポーツやフィットネスのトレーニングにおいて特に注目されている筋肉です。

腹横筋を鍛えるとどうなるか?

では腹横筋を鍛えるとどんなメリットがあるのでしょう?
それぞれ見ていきましょう。

腹部の引き締め

腹横筋を鍛えることで、腹部が引き締まり、シックスパックなどの筋肉が浮き出るようになりやすくなります。

体幹の安定性向上

腹横筋は体幹(トランク)の一部であり、これを強化することで体幹の安定性が向上します。

良好な体幹の安定性は、日常生活やスポーツ、トレーニング中の姿勢の維持や動作の効率向上に寄与します。

腰痛の軽減

強化された腹横筋は、背骨と骨盤を結びつけ、腰の安定性を提供するため、腰痛の軽減に寄与することがあります。

姿勢の改善

強化された腹横筋は、正しい姿勢の維持に役立ちます。

特にデスクワークや長時間の座り仕事をしている人にとって、正しい姿勢は重要です。

スポーツパフォーマンス向上

腹横筋の強化は、多くのスポーツや運動においてパフォーマンス向上に寄与することがあります。

特に安定性や動作の制御が要求されるスポーツでは、強化された腹横筋が重要です。

腹横筋まとめ

いかがでしたでしょうか?

腹横筋を鍛えるための具体的な種目としては、クランチやデッドバグなどの腹筋運動が効果的です。

ただし、バランスの取れたトレーニング全体が重要であり、単一の筋肉だけでなく、体全体のバランスを考慮することが良い結果を出すための鍵となります。

バランスよく鍛える上で、腹横筋もしっかりと刺激し、整った体を作っていきましょう!

本日もお読み頂きありがとうございました。

恵比寿パーソナルジム
ワイズジム代表 山崎


執筆者:sho.yamazaki