ワイズジム恵比寿店

反り腰の原因は?

みなさん、こんにちは。
恵比寿のパーソナルジム
ワイズジムの代表、山崎です。

みなさん、反り腰という言葉は聞いた事がありますか?

反り腰は女性に多いと言われていますが、具体的にはどんな状態なのでしょう?
また、何が原因で反り腰になってしまうのでしょう?

本日はそんな反り腰について、パーソナルトレーナーの視点で解説していこうと思います。

反り腰とは?

反り腰(そりごし)とは、腰が前に突き出ていて、腰が過度に湾曲している状態を指す言葉です。

通常、正しい姿勢では、背骨が自然な曲線を描き、頭、肩、お尻、かかとが垂直に整列しています。

しかし、反り腰の場合、腰椎が強く前方に曲がり、お尻が後ろに突き出ているため、体のバランスが崩れることがあります。

反り腰の原因は?

では反り腰の原因とは何でしょう?
それぞれ見ていきましょう。

筋力の不均衡

腰の周りの筋肉グループの不均衡が反り腰を引き起こすことがあります。
特に腹筋や背筋の弱さが問題になります。

姿勢の悪さ

長時間の座り仕事や携帯電話やパソコンの使いすぎにより、姿勢が崩れ、反り腰が発生することがあります。

現代人は特に座り姿勢が多いため、反り腰になりやすいと言われています。

運動不足

運動不足は筋力低下を引き起こし、特に腰回りの筋肉が弱体化して反り腰につながる可能性があります。

遺伝的な要因

骨盤や脊椎の形状など、遺伝的な要因も反り腰の発症に影響を与える可能性があります。

妊娠

妊娠中はホルモンの変化やお腹の重みにより、姿勢が変わり、反り腰が生じることがあります。

怪我や疾患

腰椎の損傷、ディスクの問題、関節の炎症などが反り腰の原因となることがあります。

反り腰まとめ

いかがでしたでしょうか?

簡単にまとめると、反り腰は悪い姿勢や筋力の不均衡、運動不足、または座りすぎなどが原因となり引き起こされます。

そしてこの状態が継続すると、腰痛や他の身体の問題が引き起こされる可能性が高くなります。

反り腰を予防または改善するためには、常に良い姿勢を保つこと、適切な運動を行うこと、筋力トレーニングを行うことなどが、有力な選択肢です。

まずは自分が反り腰かどうかを見極めながら、反り腰であれば適切に対処して、綺麗な姿勢を作っていきましょう!

本日もお読みいただきありがとうございました!

恵比寿パーソナルジム
ワイズジム代表 山崎

執筆者:sho.yamazaki