ワイズジム恵比寿店

ダイエット中のおやつは?

みなさん、こんにちは。
恵比寿のパーソナルジム
ワイズジムの代表、山崎です。

みなさん、日常的におやつは食べられますか?

ダイエットや減量をしようと思っていても、甘いものはなかなかやめられないですよね。

体つくりの観点だけで言えば、絶対に洋菓子よりも和菓子の方がおすすめです。
それはなぜでしょう?

本日はそんな【なぜ和菓子がいいのか?】について、パーソナルトレーナーの視点で解説していきたいと思います。

洋菓子がダイエットに向かない理由

では最初に、洋菓子がダイエットに向かない理由を見ていきましょう。

高いカロリーと砂糖の含有量

洋菓子には多くの場合、砂糖や脂肪、カロリーが豊富に含まれています。
バターやミルクなどですね。

これらの成分が過剰に摂取されると、体重増加や血糖値の急上昇などが引き起こされる可能性があります。

加工食品の傾向

洋菓子の中には、保存期間を延ばすために添加物や保存料が多く含まれているものがあります。

これらの添加物は、ダイエットを初め、体作りに悪影響を与える可能性があります。

飽和脂肪酸の摂取

バターやクリームを多く使用した洋菓子には、飽和脂肪酸が豊富に含まれています。

飽和脂肪酸は、過剰に摂取すると心臓病や高コレステロールのリスクを増加させることが研究でわかっています。

過剰な塩分の摂取

一部の洋菓子には、意外にも多くの塩分が含まれていることがあります。

高い塩分摂取は高血圧や健康問題の原因となる可能性があります。

上記の様な理由から、洋菓子はボディメイクには向きません。

和菓子はなぜ良い?

次に和菓子がダイエット・ボディメイクに適している理由を見ていきましょう。

①サイズ

和菓子は一般的に小さなサイズで作られていることが多いです。

小分けにされたサイズは、過剰なカロリー摂取を防ぐ助けとなります。
適切なサイズであれば、食べ過ぎる心配が減ることに繋がります。

素材の選択

和菓子は米や豆、抹茶など、比較的ヘルシーな素材から作られることがほとんどです。

これにより、低脂質で栄養価の高い材料を摂取できる可能性があります。

砂糖の量の調整

和菓子は砂糖の使用量が少なく、代わりに大豆など、素材の自然な甘みを引き出す手法が使われます。

これにより、砂糖の摂取を抑えつつも甘さを楽しむことができます。

お菓子まとめ

いかがでしたでしょうか?

簡単にまとめると
・洋菓子は脂質が高い
・和菓子は脂質が低い
となり、これがダイエットの結果に直結します。

甘いものは食べたい!でも太りたくない!
という方は、これからはぜひ和菓子をチョイスしてみてください。

本日もお読みいただきありがとうございました。

恵比寿パーソナルジム
ワイズジム代表 山崎

執筆者:sho.yamazaki