ワイズジム恵比寿店

中臀筋が弱くなると?

みなさん、こんにちは。
恵比寿のパーソナルジム
ワイズジムの代表、山崎です。

みなさん、中臀筋という筋肉を聞いたことがありますか?
中臀筋というには、あまり有名な筋肉ではないのですが、身体にとって、とても大事な役割のある筋肉です。

中臀筋が弱くなると、どうなってしまうのでしょうか?

本日はそんな【中臀筋】について、パーソナルトレーナーの視点で解説していこうと思います。

中臀筋とは?

中臀筋(ちゅうでんきん)は、ヒトの骨盤周囲の筋肉の一つす。

臀部(お尻)に位置するこの筋肉は、大臀筋(Gluteus maximus)と小臀筋(Gluteus minimus)とともに、臀部の形成や下半身の運動に関与しています。

中臀筋は腰椎の側屈や足の外旋(外向きに回す動作)などの動きに参加し、特に歩行やランニングなどの動作において、身体のバランスを保つためにとても重要です。

中臀筋が十分に発達していると、臀部の形成や下半身の安定性が向上し、運動パフォーマンスや日常生活の動作の効率が良くなります。

中臀筋が弱くなると?

それでは中臀筋が弱くなると、どうなるのでしょう?

臀部の不安定性

中臀筋の弱さが臀部の不安定性を引き起こし、歩行や走行時に体が傾きやすくなります。

これが続くと、足や膝、腰などへの余分な負担がかかりやすくなります。

膝の問題

中臀筋が弱いと、膝の位置が安定しづらくなり、膝への負担が増加する可能性があります。

これが繰り返されると、膝の痛みや損傷のリスクが高まります。

足部の過度な内旋

中臀筋が十分に働かないと、足部が内旋しやすくなります。

これが続くと、足首や膝、腰に不必要なストレスがかかり、さまざまな痛みや問題が生じる可能性があります。

歩行パターンの変化

中臀筋の弱さが歩行パターンに影響を与え、不安定な歩行が起こることがあります。これが続くと、日常生活での動作に支障をきたすことがあります。

腰痛

中臀筋の弱さが骨盤の不安定性を引き起こすことがあり、その結果として腰痛が生じる可能性があります。

中臀筋まとめ

いかがでしたでしょうか?

中臀筋は身体にとって、とても大切な筋肉なので、まずは弱くならないようにすることが大切です。

また、中臀筋の弱さに対処する方法としては、適切なエクササイズや筋力トレーニングを行うことが挙げられます。

適切なアプローチをして、正しく動く中臀筋を作っていきましょう!

本日もお読み頂きありがとうございました。

恵比寿パーソナルジム
ワイズジム代表 山崎

執筆者:sho.yamazaki