ワイズジム恵比寿店

バランス感覚を鍛えるには?

みなさん、こんにちは。
恵比寿のパーソナルジム
ワイズジムの代表、山崎です。

みなさん、バランス感覚は良いですか?
自分のバランス感覚について、自信を持って大丈夫と言える人は少ないと思います。

バランス感覚を鍛えるためにはどうしたら良いでしょう?

本日はそんな【バランス感覚】について、パーソナルトレーナーの視点で解説していこうと思います。

バランス感覚とは?

そもそもバランス感覚とは、身体の安定性を維持し、姿勢を保つための感覚の一つです。

この感覚は、視覚、前庭感覚(内耳からの情報)、皮膚感覚、筋肉や関節からのフィードバックなど、さまざまな情報源から得られる情報を統合しています。

バランス感覚が正常だと?

バランス感覚が正常であると、立っている状態や歩行などの活動を円滑に行うことができます。

内耳の前庭器官は、身体の位置や動きに関する情報を提供し、視覚は周囲の状況や地平線を利用して安定性を評価します。

また、筋肉や関節からの感覚も重要で、これらの情報を中枢神経系が適切に処理し、適切な筋肉の収縮や緩和を調整することでバランスが維持されます。

バランス感覚が低下すると?

バランス感覚の障害や低下は、さまざまな原因(内耳の問題、神経障害、筋肉や関節の問題など)によって引き起こされる可能性があり、これが原因で立ちくらみ、ふらつき、歩行困難などが生じることがあります。

バランス感覚は日常生活において重要であり、その状態が良好であることは安全な移動や活動に寄与します

バランス感覚を鍛えるためには?

バランス感覚を鍛えるためには、安定した姿勢を維持し、様々な活動において身体の制御を向上させるのに役立ちます。

バランス感覚を鍛えるための方法について、それぞれ見ていきましょう。

単脚で立つ

一本の脚に体重をかけて立つことで、足首や足の筋肉を鍛えることができます。
椅子や壁に手をかけながら始め、徐々に手を離していくと良いでしょう。

目を閉じてバランスをとる

眼を閉じると視覚の情報がなくなり、他の感覚に頼る必要があります。

これによって、内耳や体の感覚をより効果的に活用できます。

ヨガやピラティス

ヨガやピラティスは、バランス感覚を向上させるための効果的なエクササイズを提供しています。
これらの活動は、コアの筋肉や身体全体の調整を強化し、バランスを改善するのに役立ちます。

不安定な表面でのトレーニング

不安定な表面(バランスボード、ボス・ボールなど)でトレーニングすることで、足裏や足関節の筋肉を鍛え、安定性を向上させることができます。

歩行やジョギング

歩行やジョギングは、身体全体の協調性やバランス感覚を鍛える良い方法です。
特に自然な地形や異なる地面での歩行が効果的です。

スタンドアップ・パドルボード

スタンドアップ・パドルボード(SUP)は、水上でのバランス感覚を鍛えるのに役立つアクティビティです。水の中での動きに対応するために、体幹の力が必要です。

バランス感覚まとめ

いかがでしたでしょうか?
これらの活動は、徐々に難易度を上げながら取り組むと良いでしょう。

バランス感覚を鍛えることは、年齢を問わず、身体の調整能力や安定性を向上させ、日常生活の質を向上させることに繋がります。

ただし、運動プログラムを始める前に、特に既存の健康状態が不安定な場合は、医師や専門家、パーソナルトレーナー相談することが重要です。

バランス感覚を鍛えて、綺麗な姿勢を作っていきましょう!


本日もお読みいただきありがとうございました。

執筆者:sho.yamazaki