ワイズジム恵比寿店

冬でも水分補給は必要なのか?

みなさん、こんにちは。
恵比寿のパーソナルジム
ワイズジムの代表、山崎です。

みなさん、寒くなってきた今の時期。
水分は十分にとっていますか?

冬はあまり喉が渇かないですが、実際水分補給は必要なのでしょうか?

そこで本日は【冬でも水分補給の必要性】について、パーソナルトレーナーの視点で解説していこうと思います。

冬でも水分補給は必要?

結論から言ってしまうと、冬でも水分補給は必要です。

冬でも適切な水分補給を行うことで、体温の調節や代謝のサポート、皮膚の健康維持などに寄与します。

また暖房や寒さによる誤った感覚で水分補給を怠ると、脱水症状が起こる可能性もあります。

冷たい季節であっても、こまめに水分を摂るよう心がけましょう。

冬でも水分補給が必要な理由

次に冬でも水分補給が必要な理由について、具体的にそれぞれ見ていきましょう。

寒冷な気温による水分の蒸発

寒冷な気温では、体表からの水分蒸発が増加します。
寒冷な環境下での呼吸や皮膚からの水分損失が増え、これにより体内の水分が減少してしまいます。

冷たい空気の呼吸による水分損失

寒冷な空気を吸い込むことで、呼吸器系からの水分損失が増えます。
このため、冬は通常よりも多くの水分を摂取することが必要です。

室内の暖房による乾燥

冬季は室内が暖房され、空気が乾燥しやすくなります。

暖房による乾燥は、皮膚や呼吸器系からの水分蒸発を促進し、体内の水分を減少させる要因となってしまいます。

代謝による水分需要

寒冷な気温にさらされることで、体は体温を維持するためにエネルギーを消費します。

これにより代謝が活発化し、体内での水分需要が増加します。

尿の排泄が増加

寒冷な環境では血管が収縮し、これにより尿の排泄が増えます。

その結果、体内の水分が失われやすくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

繰り返しになりますが、冬でも水分摂取は必要です。

適切に水分を摂ることで、代謝を下げないようにしつつ、脱水を防げるため、結果太りにくい体を作ることができます。

冬でも水分補給を忘れずに、潤った体を目指していきましょう!


本日もお読みいただきありがとうございました。

恵比寿パーソナルジム
ワイズジム代表 山崎

執筆者:sho.yamazaki