ワイズジム恵比寿店

なぜ鳥肌が立つのか?

みなさん、こんにちは。
恵比寿のパーソナルジム
ワイズジムの代表、山崎です。

最近、急に寒くなってきましたよね。
みなさん寒いこの時期、鳥肌が立つことが多くなっていませんか?

私も今の時期外に出ると、高頻度で鳥肌が立ってしまいます。

なぜ鳥肌は立ってしまうのでしょう?
本日はそんな【鳥肌の立つ理由】について、パーソナルトレーナーの視点で解説していこうと思います。

鳥肌とは?

そもそも鳥肌とはなんなのでしょうか?

鳥肌とは、皮膚の表面に小さな隆起(毛が立つ状態)が現れる生理的な現象です。
一般的に「皮膚のゾワッとした感覚」や「鳥肌が立つ」と表現されます


これは、毛包の周りにある小さな筋肉である括約筋(arrector pili muscle)の収縮によって引き起こされます。

括約筋は毛包と皮膚を結びつけており、収縮することで毛が立ち上がります。

鳥肌の反応は、主に身体の自律神経系によって制御されている為、交感神経が刺激されると、括約筋が収縮し、毛が立つことで皮膚がざらつく感覚が生じます。

鳥肌が立つ理由は?

では鳥肌が立つ理由について、それぞれ見ていきましょう。

興奮や緊張

驚きや感動、緊張感など、感情の変化が引き起こすことがあります。
このとき、交感神経が刺激され、毛細血管が収縮します。

これにより、毛包の周りにある小さな筋肉(括約筋)が収縮し、皮膚の表面に鳥肌が立つという結果に繋がります。

寒冷刺激

寒冷な環境にさらされたとき、交感神経が活発になり、血管収縮が起こります。
これもまた、皮膚の表面に鳥肌が現れる原因の一つです。

毛が立ち上がることは、空気を抱え込んで体温を維持しようとする反応が働いています。

恐怖や興奮の刺激

不安や恐怖などの強い感情が起きると、交感神経が活発化し、これが鳥肌の反応を引き起こすことがあります。

音楽や感動的な出来事

感動的な音楽や出来事によって、脳が興奮し、交感神経が刺激されることがあります。

これが鳥肌の感覚を引き起こす原因となります。

鳥肌まとめ

いかがでしたでしょうか?

鳥肌は自分の意思に関係なく、発生するものです。

鳥肌が立ったら、
「緊張しているんだ」
「興奮しているんだ」
「寒いんだ…笑」
と思ってください。

鳥肌について、少しでも理解していただければ嬉しいです!

本日もお読み頂きありがとうございました。

恵比寿パーソナルジム
ワイズジム代表 山崎










執筆者:sho.yamazaki