ワイズジム恵比寿店

太る夜の習慣は?

みなさん、こんにちは。
恵比寿のパーソナルジム
ワイズジムの代表、山崎です。

みなさん、ダイエットや減量中の夜はどうお過ごしですか?

もしかしたら、太る習慣を夜に行なっている可能性もあります。
そこで本日は、【夜に行うと、体重が増えてしまう習慣】について、パーソナルトレーナーの視点で解説していきます。

太る夜の習慣は?

夜遅くの大量の食事

夜遅くに大量の食事を摂ると、そのエネルギーを十分に消費せずに就寝することになります。

その結果、余分なカロリーが脂肪として蓄積され、体重が増えやすくなってしまいます。

高カロリーなおやつ

夜遅くに高カロリーなおやつを摂ることも太りやすい習慣です。

高カロリーのおやつと言うのは具体的には洋菓子で、ケーキやチョコレート、クッキーなど、バターを多く使っているお菓子です。

和菓子など脂質の少ない健康的なおやつの選択が重要です。

不規則な睡眠習慣

不規則な睡眠パターンは、食欲や代謝に影響を与える可能性がとても大きいとされています。
睡眠不足は、自律神経などを狂わせ、食欲を増大させることも研究でもわかっています。

現代人は難しいかもしれませんが、できるだけ、規則正しい睡眠を心がけることが重要です。

アルコールの摂取

アルコールはカロリーが高く、代謝が進むと体脂肪に変わりやすいです。
またアルコールだけでなく、アルコールと一緒におつまみなどを食べることでさらにカロリーを無駄に摂取してしまいます。

運動不足

夜に運動・トレーニングをせず、長時間寝っぱなし、座りっぱなしでいると、カロリーを十分に消費できず、太りやすくなります。

運動やトレーニングできない場合は、ストレッチだけでも行うようにして、消費カロリーを少しでも稼ぎましょう。

太る習慣まとめ

いかがでしたでしょうか?

これらの習慣を改善することで、夜に太りにくい生活習慣を築くことができます。

基本的なことですが、痩せやすい体質を作るためにはバランスの取れた食事、適切な運動、規則正しい睡眠を心がけることが重要です。

ただし、個々の体質や生活スタイルによって効果が異なるため、ストレスがないように自分に合った方法を見つけることも大切です。

自分なりにストレスなくできる方法を探して、太りにくい生活を意識していきましょう!


本日もお読み頂きありがとうございました。

恵比寿パーソナルジム
ワイズジム代表 山崎



執筆者:sho.yamazaki